松石 博幸 |アートディレクター&グラフィックデザイナー|
1965年 福岡県生まれ。
1988年 九州産業大学芸術学部デザイン学科卒業。
2004年 松石博幸デザイン事務所(福岡県古賀市)設立。
主な仕事内容:広告関連、VI、シンボルマーク、ブランドロゴ、エディトリアル、Webほか。
Biography(English)
[2016.9.28現在]
●主な受賞歴
BIO16展(第16回国際インダストリアルデザインビエンナーレ/スロベニア)グループ出品・金賞とICOGRADA特別賞。台湾国際グラフィックデザインアワード2015審査員特別賞。第5回中国国際ポスター・ビエンナーレ・ハンゾウ銀賞。第10回テヘラン国際ポスタービエンナーレSecond Prize(2位)。第3回中国国際ポスター・ビエンナーレ・ハンゾウ銅賞。Graphis Poster Annual 2016と2017 Merit Winners(アメリカ)。日本タイポグラフィ年鑑05ベストワーク賞。ほか多数受賞。

●主な入選歴
ワールドカップフランス大会開催記念国際ポスターコンペティション入選、第18回、19回、25回ブルノ国際グラフィックデザイン・ビエンナーレ(チェコ)入選、第16回、21回、23回ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ(ポーランド)入選、[4th Block]第7回、9回国際エコ・ポスター・トリエンナーレ(ウクライナ)入選、第6回、10回世界ポスタートリエンナーレトヤマ入選、トュルナバ・ポスター・トリエンナーレ00〜012年(スロバキア)入選、香港国際ポスター・トリエンナーレ2001、2004、2014入選、第1回韓国国際ポスタービエンナーレ入選、第6回、8回、9回、10回、12回モスクワ国際グラフィックデザインビエンナーレ・ゴールデンビー入選、国際グラフィックコンペティション:QUANTO PROJECT(イタリア)入選、第9回テヘラン国際ポスタービエンナーレ(イラン)入選、第4回、6回、7回中国国際ポスター・ビエンナーレ・ハンゾウ入選、第1回、2回シカゴ国際ポスタービエンナーレ入選、第17回、18回ラハティ・ポスター・ビエンナーレ(フィンランド)入選、第19回ラハティ・ポスター・トリエンナーレ(フィンランド)入選、第3回、6回国際ポスター・ビエンナーレ・ボリビア入選、ビブレ・ポスター・フェスティバル(イラン)入選、台湾国際グラフィックデザインアワード2013入選、第2回イタリア・ポスタービエンナーレ入選、Project Sunshine for Japan(ドイツ)入選。ほか多数。

●展覧会参加
日本グラフィックデザインポスター世界巡回展(南ア〜ヨーロッパ〜アジア各11都市)選抜出品、国際ポスター芸術展(デンマーク)招待出品、東亜細亜現代ポスター16人展[日本・韓国・中国・香港・台湾]-出品(韓国〜中国巡回)、リトアニア[現代日本のポスター展]-出品、2002年ワールドカップ韓日共同開催記念韓日グラフィックポスター展-出品(大分、ソウル、大邸 巡回)、韓国国際ポスター展2002-出品(ソウル文化センターギャラリー)、MALAS NOTICIAS / BAD NEWSデザインプロジェクト(スペイン)参加、The Asian Poster Exhibition(アメリカ)招待出品、第6回国際トリエンナーレ・エコポスター&グラフィックアート06(ウクライナ)-出品、Japanese+Polish-Masters of Graphic Design Exhibition(デンマーク)招待出品、Zoografika(ポーランド)-出品、国際ポスター12人展(イラン)招待出品、
Internationale Plakate zu Natur und Umwelt招待出品(ドイツ)、Eco Deology Exhibition(アメリカ)、Graphic Advocacy: International Posters for the Digital Age 2001〜2012招待出品(アメリカ)、Eco Art: Graphic Design for Change招待出品(アメリカ)、Questioning the Bomb,History and Non-Proliferation(アメリカ)招待出品、Golden Bee特別企画「2014-2016年世界の金賞作品」展(ロシア)展示。ほか多数。

●その他
平成16〜20年度版全国高等学校向け教科書にロゴ作品掲載、ポスター作品5種買い上げ/グローバル・グラフィックス(アメリカ)

●年鑑類入選
ADC年鑑/'05年、'011年(美術出版社)。日本パッケージデザイン大賞2017(六耀社)。年鑑日本のパッケージデザイン/'91年(六耀社)。日本タイポグラフィ年鑑/'94年、'98〜'016年(グラフィック社/PIE)。Graphic Dsign in Japan 2011、2016(六耀社)。JAGDA年鑑/'97年〜'99年、'01年〜'05年(六耀社)。TDC年鑑/'97-'98年、'04年(PIE BOOKS、六耀社)。年鑑日本の広告写真'01年(PIE BOOKS)。

●作品収録先(出版社名/順不同)
TASCHEN(ドイツ)、PYRAMYD ntcv(フランス)、ROTOVISION(イギリス)、Pocko Editions(イギリス)、Index Book(スペイン)、LST PUBLISHING HOUSE(中国)、buero kuschnig(オーストリア)、ICO(アメリカ)、DPI(台湾)、美術出版社、六耀社、グラフィック社、エージー出版、日本文教出版、PIE BOOKS、アド出版、アートバンク、宣伝会議出版、アートボックス、キネマ旬報社、河出書房新社、MdN、ワークスコーポレーション、アルファブックス等、90冊以上のデザイン書籍に作品が多数収録。

●作品収蔵
ブルノモラヴィアンギャラリー(チェコ)、ヴィラヌフ国立ポスター美術館(ポーランド)、スポーツミュージアム(フランス)、建築ミュージアム(スロベニア)、デンマークポスター美術館(デンマーク)、カウナス・国立M.K.チュルリョーニス美術館(リトアニア)、ヤンコニアレクギャラリー(スロバキア)、フォース・ブロック美術館(ウクライナ)、Humour of The Peoples Collection(ブルガリア)、CDAK(韓国)、韓国デザインセンター、東明情報大学校(韓国)、香港文化博物館、富山県立近代美術館、武蔵野美術大学、トラマ・ビジュアル社(メキシコ)、グローバル・グラフィックス(アメリカ)、ユーロアート(デンマーク)、シロ図書ポスター館(フランス)、イラン・グラフィックデザインミュージアム(イラン)、中国美術学院、ゴールデンビー・ファンド・コレクション(ロシア)、シカゴ国際ポスタービエンナーレ協会(アメリカ)、Grupo Catalografica(ボリビア)、ラハティ・ポスター美術館(フィンランド)、Institute for the Development of Visual Arts(イラン)、コットブス・ディーゼル発電所美術館(ドイツ)、Godine Library/マサチューセッツ芸術大学(アメリカ)、イタリア・ポスタービエンナーレ・コレクション(イタリア)ほか。

●所属団体
公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会NPO法人日本タイポグラフィ協会

Pagetop
 
inserted by FC2 system